マルチ商法と聞くとマイナスな事を
想像してしまいがちですが、
マルチ商法は法で認められている
ちゃんとしたビジネスです。

 

マルチ商法とねずみ講は全く別なのですが、
悪徳マルチ商法を行っている組織も少なからず
いるので、どうしても悪い印象がついてしまうのです。

マルチ商法は犯罪?

マルチ商法は特定商取引法の中で
連鎖販売取引と定義されており、
合法ビジネス
とされています。

 

例えば、会員が新しい会員を誘い、
その新しい会員が更に別の新しい会員を
勧誘する連鎖により、組織を拡大していく
販売形態のことをいいます。

 

マルチ商法の場合、商品を扱っており、
その商品を自分から広がった人達が
商品を購入すると報酬が入る、
というシステムをとっています。

 

ねずみ講とマルチ商法の違い

ねずみ講は、マルチ商法と違って
特定の商品を扱っていないのが特徴です。

 

勧誘による会員の登録料のみで
組織を拡大していくので、人口は有限ですし、
最終的に必ず崩壊するシステムです。

 

なので、ねずみ講は無限連鎖防止法で
定義されており違法になります。

 

これがいわゆる悪徳マルチ商法です。

 

また、マルチ商法とねずみ講が似ている点は
口コミで広めていく点と、勧誘の仕方です。

 

商品は広告を出すよりも口コミで広めた方が
売れやすいのですし、広告費もかからずに済むので、
このシステムをとっている会社は多く存在します。

 

勧誘方法はねずみ講もマルチ商法も似ていて、
誰でも儲かるビジネスがある!権利収入が入る!
などといろいろな事を言って勧誘してきます。

実際、その時点で怪しいと思えば、
その人にとってはねずみ講だろうがマルチ商法だろうが
怪しいビジネスという認識になる事はかわりません。

 

アイテックはマルチ商法

最近話題になっている
アイテックインターナショナル。

 

実はこのアイテックも
マルチ商法システムをとっています。

 

通常、口コミで広めなければいけない、
ビジネスと聞くと、ア〇ウェイなどと同じで
多くの人からは懸念されます。

 

しかし、アイテックは広告を出せるのと、
会員数に上限があるという点が他の会社と
大きく違うところです。

 

広告を出せるという事は、インスタグラム
ツイッター、フェイスブックなどからも
商品を販売できる、ということになります。

 

従来のマルチビジネスでは考えられない
やり方をとっているのです。

 

しかも会員数に上限があるということは
ある程度口コミで広まってしまえば
そこでマルチではなくなるということです。

 

アイテックの評判

会員が増えすぎると、自分の商品が
売りにくくなってしまうので、
会員に上限があるのはかなりのメリットです

 

SNSでも商品を販売できるというのは
Amazonや楽天のようなプラットフォームを
自分で持つことと同じことです。

 

また、アイテックの商品は
ほとんどが幹細胞入り製品ということで
かなり注目されているのも事実です。

 

会員になると安く買えますし、
紹介を出す、あるいは商品を売ると報酬が入ります。

 

愛用者になるか販売者になるかは
自由に選択できますし、ここまでメリットの多い
ビジネスは今まで聞いたことがありません。

 

一度商品を使うのもありですし、
説明会に参加してみるのもいいかもしれません。