マトリックスシャンプーの効果と使い方、シャンプーの賢い選び方

今噂になっているアイテック(I・TEC)の
DDS(再生美容技術)マトリックスシャンプー、

私自身、美容師をしていたので、
シャンプーには特にこだわっていますが、
こんなにすごいシャンプーは初めてです。

何がすごいのかという具体的な説明を
する前に、知っておいて損はない、
シャンプーの基礎知識をお伝えします。

結局どのシャンプーがいいの?

あなたは今どのような
シャンプーを使っていますか?

シャンプーの種類がたくさんありすぎて、
どのシャンプーを使っていいか分からない、
と考えている方がほとんどだと思います。

よく雑誌やスーパーなどで見る、
シャンプーの効果について
ざっくりと説明します。

種類 メリット デメリット
高級アルコール系シャンプー 洗浄力重視なので、汚れを落としやすい。低コスト 頭皮が弱い方などには向かない。
髪がパサつきやすくなる。
オーガニックシャンプー 植物性のシャンプーで、無添加なものが多く頭皮や髪に優しい。 植物性のアレルギーを持って
いる方には向かない
アミノ酸系シャンプー 美容室のシャンプーはほとんどこれで、髪や頭皮に優しくサラサラにもなる。 髪がべたつきやすい方には
あまり向かない。高コスト。

通常、アミノ酸系、高級アルコール系とは
表記していない場合が多いので、
それぞれの原材料も説明していきます。

高級アルコール系シャンプー

市販のシャンプーの大半は
このシャンプーになります。

ポイントとなる成分

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸アンモニウム

ラウリル~、ラウレス~と
たくさん表記されていれば間違いなく
高級アルコール系シャンプーです。

汚れは落としやすいですが、
刺激がかなり強いので、
あまりオススメできません。

オーガニックシャンプー

ボタニカルシャンプー
とも呼ばれています。

ポイントとなる成分

・ラウロイルメチルアラニンナトリウム

・ココイルグルタミン酸ナトリウム

・グリセリン

・マカデミアナッツ油

・オレイン酸オレイン

・グルタミン酸

長い名前のカタカナ表記が多く、
マナデミアナッツなどの植物系の
名前で判断できます。

アミノ酸系シャンプー

ポイントとなる成分

・脂肪酸

・ヤシ油

・ココイルアルギニン

・タウリン

・グリシン

・〜グルタミン酸

ヤシ油も植物系のものですが、〜グルタミン酸
と表記しれあればだいたいアミノ酸系です。

市販にはあまり置いていませんが、
美容室には必ずあります。

以上の成分とメリット、デメリットを見て
シャンプーをお選びください。

マトリックスシャンプーの成分

シャンプーの基本成分を説明しましたので、
こちらのシャンプーがいかにすごいのか
理解しやすいと思います。

まず、こちらの成分

  • アミノ酸系の成分である、ココイルアルギニン
  • 高級アルコール系である、ラウレス硫酸ナトリウム
  • オーガニック系である、果実油

これに加え

  • ヒト遺伝子組換オリゴペプチド
  • ヒト遺伝子組換ポリペプチド
  • パルミトイルペプチド

などが含まれています。

こちらのヒト遺伝子系の成分は
皮膚のターンオーバーを復活させる効果に加え
保湿力、さらに老廃物の排出を促す効果があります。

つまり、DDSマトリックスシャンプー

ほどよい洗浄力で汚れをとることで
皮膚の再生成分をいれやすくし、

さらに髪もサラサラにしてくれる
優れものシャンプーということです。

アイテック DDSマトリックスシャンプーの使い方

モデーア 洗顔

使い方は通常のシャンプーの仕方と
同じなのですが、

実は間違ったシャンプーの仕方を
している方がほとんどで、
頭皮の臭い、べたつきが治らなかったり
悪化してしまう場合もあります。

なので、正しい洗い方について説明します。

ブラッシング

ブラッシングをすることで、髪についた誇り、
皮脂などを浮かすことができます。

ブラシの種類については頭皮にあたっても
痛くないような柔らかいブラシにしましょう。

38~39度くらいのお湯でしっかり流す

熱めのお湯ですと、頭皮を乾燥させてしまうので、
ぬるめのお湯で流しましょう。

この最初の流しだけで、汚れはけっこう
落ちてくれます。あらかじめ汚れを落とすことにより、
少量のシャンプー量で泡が立つようになります。

流す時間は2~3分を目安に。

シャンプー量は500円玉くらいを目安に

シャンプーは少なすぎるとよくないですが、
多すぎてもよくありません。

なので、最初に500円玉くらいをつけ、
それでも泡立ちが悪い場合は少しづつ足していく
という感じで洗ってみてください。

また、シャンプーを付けるときは
手のひらでまんべんなく伸ばし、
空気を入れながらしっかり泡立て、
指の腹で優しく洗ってください。

※泡立ちが悪い場合は水分が
足りていない場合が多いので一度流して
再度シャンプーをつけて泡立てて下さい。

洗い2:流し8の割合で流す

シャンプーで最も大事なのが、
この最後の流しです。

流し残しが頭皮のベタツキ、
臭いのもとになります。

流した後はできれば同じDDS成分を配合している
マトリックスコンディショナーをつけ
軽く流してください。
※少しヌルヌルが残る程度

シャンプーをするという行為はとても面倒ですが、
きちんとした洗い方、流し方を意識するだけで
頭皮の状態が全然違ってきます。

マトリックスシャンプーの効果を
最大限に引き出すために、
是非、この洗い方を実践してみてください。

DDSマトリックスシャンプーの効果は?実際に使ってみた感想

泡立ちがよく、髪も美容室のシャンプー並みに
サラサラになります。

また、父にも使ってもらいましたが
本当にベタつきと臭いがなくなりました。

父は少し髪が薄いので、継続して使っていけば
もしかすると毛がフサフサ、とまではいいませんが、
効果が出てくるかもしれません。

今後が楽しみです。

もちろんどのシャンプーを使うかなんて
人それぞれなのですが、

頭皮や髪に何かしら悩みを抱えている方には
是非一度、アイテックのマトリックスシャンプーを
使ってみてはどうでしょうか。