こんにちは!今回はアイテックのマトリックス スカルプケアエキスについて書いていこうと思います。

女性の薄毛と男性の薄毛

女性は薄毛のイメージはあまりないと思われていますが、近年、薄毛を気にしている女性が増加しています。

女性の薄毛は、出産後の抜け毛によるものがよく知られていますが、これは出産時の栄養状態やホルモンバランスの原因とされ、自然に治ります。

出産以外の薄毛になってしまう原因としておもに女性ホルモンの減少と冷え性があげられます。

薄毛を気にしている日本人女性を調査したところ、女性の薄毛は髪の分け目に沿って薄毛が目立つようになり、男性の脱毛とはパターンが違います。

また、一般的に健康な女性の毛髪は男性より太いですが、薄毛部では髪の細りとともに本数が減少するのが特徴です。

毛髪の細毛化は、年齢とともに増加し、40代で目立つようになります。さらに、更年期以降は、地肌が透けて見える程度に薄毛が進行したり、額の生え際が後退するケースも見られ、急に薄毛が進行する人が多く見られます。

実は女性の薄毛の約半分は「男性型脱毛症」といわれています。更年期をむかえ女性ホルモンの分泌が減少することにより、相対的に男性ホルモンの作用が強まることにより発症するのがこのタイプです。

男性と異なり、頭頂部を中心とした比較的広い範囲の頭髪が薄くなるパターンが多いです。

男性型脱毛症について多いのは「慢性休止期脱毛症」という女性特有の脱毛症です。

原因は不明で男性ホルモンとは無関係です。

男性型脱毛症のような特徴的な薄毛のパターンはなく、頭部全体的に薄毛の症状が進行します。

筋肉量が少なく、脂肪が多い女性は男性よりはるかに冷え性になってしまう確率が高いです。冷えが原因で血流が悪くなり、毛根まで栄養が送れなくなってしまいます。

実は冷え性が悪化してしまうのは冬場より夏場なのです。クーラーがガンガンにかかった部屋、氷がたっぷりの冷たい飲み物など、夏場の方が何倍も体を冷やしてしまう要因が多いです。

人間は体温が1度でも下がると、免疫力は30%も減少すると言われています。冷たい飲み物はできるだけ避け余裕のある日は湯船につかることをおすすめします。全身つからなくても足湯のみでも冷え性対策に効果抜群です。

ヘアサイクルについて

健全なヘアサイクルは発毛、早期成長期、中期成長期、後期成長期、退行期、休止期、脱毛というサイクルになっています。一日に60本前後の毛髪が脱毛していくのは健全な状態です。

成長期は早期、中期、後期を合わせて3年から7年ほど続き、退行期はおよそ2週間から3週間、その後の栄養の供給がとまり、毛髪は抜けていきます。その後3ヶ月から4ヶ月を経て再び発毛期に入れば、ヘアサイクルが健全に巡っていると考えていいでしょう。

生えたばかりの細い毛髪の脱毛が多くみられる場合、それは健全なヘアサイクルとはいえません。

アイテック(ITEC)のマトリックス スカルプケアエキスについて

肌と頭皮は構造的、機能的に類似することから、スキンケアのノウハウを生かした革新的な育毛剤です。

ヒノキオール、オタネニンジン、センブリ、アカヤジオウコンなどの植物由来エキスを配合し、使用した瞬間カーと暖め、まもなくスーと冷やす独特の体感を繰り返すことによって毛根を刺激していきます。

また、髪の毛の構成成分であるケラチンとアミノ酸によって毛髪環境も整えます。

アイテック(ITEC)のマトリックス スカルプケアエキスの成分は?

マトリックス スカルプケアエキスは主に七つの成分で形成されています。

まず1つ目は間葉系細胞培養上清という成分です。非常にややこしい名前ですが、この成分は加齢によって徐々に減少していく、お肌の弾力、ハリ、ツヤを線維芽細胞に直接アプローチすることで、肌が本来待っている自らの力を引き出します。

2つ目はEGFという成分です。ヒト遺伝子組換えオリゴペプチド1とも呼ばれる成分です。この成分は人間が元々持っているタンパク質で、お肌を整える役割を担っている成分です。お肌のターンオーバー周期を整え、お肌の表面のキメを整える働きがあります。

3つ目はIGFと呼ばれる成分です。別名ヒト遺伝子組換えオリゴペプチド3です。加齢とともに乱れがちな、お肌の新陳代謝をコントロールし、新しい皮膚の生成を促すことで、皮膚の水分、油分を補い、健やかに保つ効果があります。

4つ目はFGFという成分です。別名ヒト遺伝子組換えオリゴペプチド11です。この成分はコラーゲンやエス二チンの生成を補助することでお肌に弾力とツヤを与えることによって、お肌のハリや弾力が失われる原因である加齢とともにやってくるコラーゲン産生の働きの衰退を解消できます。

5つ目はIGFという成分です。別名ヒト遺伝子組換えオリゴペプチド2です。IGFはEGf、FGFと一緒に配合することで、お肌のターンオーバーによってできる老廃物の排出を促すことによってEGF、FGFの働きを高めます。

6つ目はTGFという成分です。別名ヒト遺伝子組換えオリゴペプチド19です。お肌のヒアルロそン酸やコラーゲンの生成を促すことでお肌に潤いを与え、皮膚の乾燥を防ぐと同時に、肌荒れを防ぎ保護する役割があります。

7つ目はSYNTCという成分です。この成分はコラーゲンは機能性の異なる五種のコラーゲンに働きかけ、ふっくらとした、ハリのあるなめらかな肌を保持します。六つの成分について紹介しましたが、この他にもバランスよく保湿し、保水し皮膚を保護する働きを持つヒアルロン酸ファクターやコラーゲンの生成を促進しお肌に潤い与える働きがあるコラーゲンファクターも凝縮されています。

まとめ

健やかな髪を育てるには頭皮環境を整え、ヘアサイクルを正常に戻すことが大事です。

マトリックスエキスをベースに話題のピディオキシジルを配合することで、頭皮本来の力を引き出します。頭皮ケアは遅すぎるということはありませんが、少しでも早めにお手入れを始めることが大事です。男女問わずお使いいただけます。

アイテック(ITEC)のマトリックス スカルプケアエキスの販売価格は?

アイテック(ITEC)のマトリックス スカルプケアエキスの販売価格は1本5000円になります。

気になった方ぜひお試しいただきたいと思います。